1人1人の成長が会社を動かす。だから育成をしつづける

センスプロジェクト、自分プロジェクト

センスプロジェクトが創業以来一番大切にしていることは、社員個々の成長とその社員の人生の充実。
会社は個人に成長の場所を提供し、個人は成長しながら会社に利益を還元。そして会社が永続します。
それを体現できる環境と仕事がセンスプロジェクトにはある。
2016年から、中村リーダーによる新人育成プロジェクトがスタートした。
PROJECT MEMBER
営業2課 2009年入社
リーダーとしてプレイヤーと新人育成の両輪を担う。
営業2課 2016年入社
2016年に入社して中村リーダーに育成され、今では一人前のプレイヤーとして活躍中。
SECTION1
育成プロジェクト。退去立会 編
賃貸住宅を退去される入居者様と基本的には二者で立会を行います。 業務内容は、退去に伴う手続き(電気・ガス・水道・郵便物・残置物・粗大ゴミなど)の確認、貸与している鍵・説明書類の回収、入居者様による過失(破損・汚損など)の確認、室内の設備チェックが主な内容になります。 現地でこれらの内容を精算する場合があるので、知識・経験が必要になります。 退去立会は原則、国土交通省が定めるガイドラインに沿って進めていきますので、最初はガイドラインを熟知します。 入居者様が退室後は、次の入居者様の目線に切り替え、室内のチェックをしていきます。 ここで、経年劣化やグレードアップ・リノベーションなど提案工事などを含めた内容をチェックしていきます。
SECTION2
育成プロジェクト。工事見積 編
退去立会・現調した結果を見積として作成します。各管理会社様と取り決めている単価をベースに作成します。 自社の利益バランスをしっかりと計算し作り込む事が重要になります。 仕組みを理解していないと、この時点で躓いてしまいます。 例えば、現状どうなっているか・原因は何か・どのようにしたら良いか・誰に頼めば良いか・金額はいくらかかるか等の 基本的な仕組みを理解することが重要で、仕組みを理解すればスムーズに業務が進んでいきます。
SECTION3
育成プロジェクト。職人・資材手配 編
提出した見積書の受注が来たら、資材・職人を管理する部署へ工事手配の依頼をします。現場の情報を出来る限り正確に伝えられるかがポイントになります。 実際の現場を見ていない人に伝達をするので、現調時の情報収集が重要です。 職人・資材業者さんとのコミュニケーションも大事になってきます。 何気ない挨拶や雑談を含めて、一つの物件を仕上げていく中でのコミュニケーション能力は必須です。 悩んだり、困った事が起きた時に、自分の築いた人間関係が最大の力になってくれます。
SECTION4
育成プロジェクト。工事完了〜請求 編
依頼した工事が完了したら、現場にて見積書の内容に沿って確認します。 見積書通りの内容に加え、不具合や見落としが無いかも併せて確認し、 問題がなければ、写真を撮って施工完了になります。 事務所に戻り請求書の発行・送付を事務スタッフに依頼し物件の完了です。 この時、自分がやってきた業務の結果次第で、お客様からの有難うを頂けたり 職人・資材業者さんへ有難うを贈るタイミングです。 沢山の有難うを頂いたり贈ったりすることで、次の業務と成長へと繋がっていきます。
GOAL
仕事を楽しむ
ここまでの一連の業務を、自立して状況の判断と選択が出来る様になる事がプロジェクトのゴールです。 そして最も大事なことは、会社に携わる全ての人との信頼関係です。 共に成長して、楽しい時間を共有していく仲間の為にこのプロジェクトとセンスプロジェクトは永続していきます。
工事部

開発途上国の職人育成プロジェクト

営業1課

プロジェクトに関わる仲間が生み出す「ありがとう」